• 事故車の査定について
  • 事故車の査定について
  • 電卓と事故を表した模型 事故車の査定について
事故車の買取依頼をするなら何処?はなまると中古買取業者を比較!

事故車を買取ってくれる業者は、どのような基準をもとに事故車であることを判断しているのでしょうか。また、その基準に沿って高額で買取ってくれる業者は何処なのでしょうか。この2つに関して、調査してみましたので詳しくみていきましょう。

「事故車」と判断される基準とは?

事故車でも専門の買取店に持っていけば、買取ってもらえます。
ですが、1店舗でのみ下取りをしてしまうと、安い下取り価格での取引をするはめになってしまうこともあるので注意しなければなりません。
高額で買取って欲しいのであれば、複数の専門業者に下取りをしてもらったり、一括査定を利用したりすれば思っていた以上に高く買取ってもらうと良いでしょう。
これは一般の車だけではなく事故車でも同じことがいえます。
しかし、専門業者は車のどの部分を見て事故車だと判断しているのでしょうか。
逆に車をぶつけたとしても事故車扱いにならない場合はあるのでしょうか。
これを知っていれば、自分自身でも事故車の区別ができそうですね。
ここでは「事故車」とみなされる基準について説明していきましょう。

事故車の定義

事故車とは、交通事故を起こしてしまった車を指すのではありません。
車の骨組み部分にあたるフレームを損傷した経歴がある車のことをいいます。
これには驚いた人もいるかもしれませんが、日本自動車査定協会、自動車公正取引協会、日本中古車販売協会連合会によって定められている規定になります。
事故車としてみなされる部分は以下の8点です。

  1. フロントクロスメンバー
  2. ラジエータコアサポート
  3. フロントインサイドパネル
  4. フレーム
  5. ダッシュパネル
  6. ピラー
  7. ルームフロアパネル
  8. トランクフロアパネル

上記の部分が損傷していると、走行に大きな影響を与えてしまいます。
例えば、運転中にハンドルを離すと、勝手に進路が片方によれてしまう、カーブを曲がるときも安定しないなどといった不具合が起きてしまいます。
これを考えると骨組み部分にあたるフレームはとても大切な部分であり、損傷してしまうと安定した走行ができない上に、再び事故を起こしてしまうリスクがあります。
よって、この部分が損傷していたら事故車としてみなされるのです。

事故車とみなされない部分とは?

逆に損傷しても事故車としてみなされない部分もあり、そこは車の骨組み部分ではない箇所です。
損傷しても事故車としてみなされないのは、以下9点になります。

  1. フロントバンパー
  2. ロアスカート
  3. フロントフェンダー
  4. ボンネット
  5. リアフェンダー
  6. トランクリッド
  7. リアバンパー
  8. サイドシルパネル
  9. ドア

これらの部分が損傷しても、骨組み部分にあたるフレームとは違って運転に大きな影響を与えることがほとんどありません。
しっかり修理を行えば査定にも影響はありません。

事故車としてみなされるのは交通事故だけじゃない!?

事故車といっても、必ず交通事故を起こした車だけを指すのではありません。
交通事故以外にも自然災害によって車がダメージを受けてしまう場合があります。
水没してしまった冠水車や、火災によって被害を受けた火災車、沿岸付近に多い塩害車なども事故車として扱われます。
買取業者では、どの部分が損傷しているのか、車がどういったダメージを受けているのかを見極めて事故車かどうかを判断しているのです。
実際はもっと細かく調べているかもしれないので、もっと詳しく知りたいという人は、一度専門の買取業者に相談をしてみて下さい。

事故車を高く売るなら「事故車取扱い専門店はなまる」

事故車といっても、損傷の度合いによって買取価格に大きく影響しますが、まだ使えそうな部品があればその部分だけを買取ってくれるので、事故車だからといってそのまま廃車してしまうのは勿体ないです。
近年では、事故車でも買取ってくれる中古買取業者も増えてきていますので、いろんな買取業者に下取りをしてもらいましょう。
ですが、ここで注意して欲しいのが「全ての中古買取業者が事故車を専門としているとは限らない」ということです。
中には、事故車を専門としていない買取業者もありますので、そこで下取りをしてもらっても十分な査定が行われないため、低価格でしか買取ってもらえません。
それだと本当に勿体無いですよね。
そうならない為にも、事故車専門と掲げている買取業者に下取りをしてもらいましょう。
なかでも、株式会社はなまるは全損レベルの事故車でも、まだ価値がある部分を見つけてきちんと査定を行ってくれるのです。
どんな状態の事故車でもしっかり査定できるノウハウを蓄積している会社なので、信頼性も高く評価されています。
事故車にも必ず価値が残っている場合がありますので、事故車を少しでも高く買取ってもらう為には、業者選びはしっかり行うことが大切です。
買取ってもらった事故車は、しっかりと修復を行った上で中古車として活躍できるようにしてくれるのも、株式会社はなまるのメリットでもあるといえます。

他業者よりもはなまるは高額買い取りしてくれるって本当?

はなまるのように、しっかり査定を行って買取をしている事故車専門の買取業者はたくさんありますが、なかでもはなまるは買取価格が高いという評価を受けています。
他の買取業者と比べてどれくらい高いのかを調査してみました。

買取価格の比較

ホンダ ヴェゼル

買取業者 はなまる
年式 H26
グレード ハイブリッドX
走行距離 44,415km
買取金額 850,000
買取業者 T社
年式 H26
グレード ハイブリッドX
走行距離 -
損傷個所 フロント、足回り、エンジン、エアバック
買取金額 500,000

トヨタ ヴェルファイア

買取業者 はなまる
年式 H22
グレード Z
走行距離 58,403km
買取金額 750,000
買取業者 T社
年式 H25
グレード Z
走行距離 -
損傷個所 水没
自動走行 不可
買取金額 1,000,000

トヨタ プリウス

買取業者 はなまる
年式 H27
グレード Sツーリングセレクション
走行距離 167km
買取金額 1,100,000
買取業者 T社
年式 H25
グレード Sツーリングセレクション
走行距離 -
損傷個所 フロント、足回り
自動走行 不可
買取金額 900,000

日産 デイズルークス

買取業者 はなまる
年式 H26
グレード ハイウェイスターX
走行距離 2,700km
買取金額 160,000
買取業者 T社
年式 H22
グレード ハイウェイスター ターボ
走行距離 -
損傷個所 フロント、サイド、足回り
自動走行 不可
買取金額 320,000

輸入車 プBMW

買取業者 はなまる
年式 H23
グレード チーリングMスポーツパッケージ
走行距離 72,720km
買取金額 530,000
買取業者 T社
年式 H17
グレード ハイライン
走行距離 -
損傷個所 フロント、足回り
自動走行 不可
買取金額 310,000

年式やグレード、損傷の度合いによって買取金額は異なっていますが、トータルでみるとはなまるの方が査定額は大きいです。
いろんな業者に下取りを依頼して比較し、一番高い査定額の買取業者をみつけてみましょう。

はなまるなら事故車の売却が安心!

事故車を買取してもらうにあたって、一番重要なのは「事故車の査定するノウハウがどれくらいあるのか」ということです。
同じ事故車でも買取業者によって査定価格が異なるとなれば、買取価格が高い方が良いと考えます。
下取りを依頼する前に、買取業者はどれくらいの査定ノウハウがあるのかも調べておくといいでしょう。
買取ってもらった後に後悔しないようにするためにも、買取業者の下調べは大切です。
もし、買取業者に困ったら株式会社はなまるに相談をするのも手段のひとつになります。
安心して下取りをしてもらえますし、一括査定も行えることから高額査定が期待できそうです。

  • 高価買取される損害車の特徴
    初めての買取査定で知っておきたい「高価買取される損害車の特徴」とは
  • 自動車修理
    「修復歴」って何?定義から査定への影響まで調べてみた
  • 自動車に乗る女性
    意外に需要がある日本製品とは?
  • 事故車の買取で有名な「タウ」と「はなまる」の違いとは?
  • 事故車はどこの買取査定業者に出すとお得?
  • 電卓と事故を表した模型
    事故車の査定はどのように行うのか?
おすすめの記事
知っておこう!あおり運転の対処法
事故車の豆知識
昨今、あおり運転による事故がメディアでも大きく取り上げられ、死亡事故にも繋がる非常に迷惑な危険行為として社会問題になっています。 もし遭遇し...
事故車の査定はどのように行うのか?
事故車の査定について
事故車の査定は何が必要か 事故車を査定に出すときは、事故車だということを知らせておく必要があります。なぜ、告知しなければならないのか、そもそ...