• 事故車の査定について
  • 事故車の査定について
  • 電卓と事故を表した模型 事故車の査定について
チェーン規制が変わった!注意しておきたい、これからの雪道対策

銀世界が広がる山々…雪景色の中をドライブしたり、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツを楽しんだりと冬の雪国には魅力がいっぱいです。

しかし、その楽しい道中でちょっと油断したことにより、ハンドルを取られてスリップ…ということは絶対に避けたいところです。

 

雪道に慣れた方ならスタッドレスタイヤやタイヤチェーンによって対策をされていると思いますが、タイヤチェーン装着を義務付ける『チェーン規制』という、道路法に基づいた規制があることはご存知でしたか?

このチェーン規制、実は平成3012月に改訂されました。

本記事ではこのチェーン規制についてご紹介します。

 

タイヤチェーンの種類

まずはタイヤチェーンの種類についてみてみましょう。

タイヤチェーンは大きく分けて3つの種類があります。

金属製チェーン

金属製チェーンは金属の鎖を網状にしてタイヤに装着するもので、タイヤのトレッド面の結び方でハシゴタイプ、亀甲タイプに別れます。

ハシゴタイプが一般的で値段も手頃ですが、横方向の滑りに弱いです。

亀甲タイプはトレッド面にひし形にチェーンが巻きつけられるので前後、横方向の滑りも抑制できます。

金属製タイヤチェーンは低価格で深雪などの雪道で効果がある一方で、凍結路面などアスファルトの路面で使用した場合、チェーンが損傷を受けて切れる場合があります。

 非金属(ゴム、樹脂)製チェーン

非金属製チェーンは鎖の代わりにゴムや樹脂を使用したタイヤチェーンです。

金属製に比べてロードノイズや振動は少なく、雪道でも効果があり、アスファルトの路面でも比較的走りやすいというメリットがありますが、反対に値段が高価でタイヤへの装着が複雑になり時間を要する場合が多いというデメリットもあります。

 布製

北欧で発明された、金属の鎖の代わりに特殊な布をタイヤに装着するタイプです。布製なので重量も軽いですし、装着は安易です。また畳んで収納することができトランクなども圧迫しません。しかし、簡易的なタイヤチェーンの要素が強く、圧雪の雪道や凍結路ではある程度効果を発揮しますが、深雪の雪道では効果が薄いです。

 

タイヤチェーンとスタッドレスタイヤの適合

タイヤチェーンはどちらかというと雪道での用途が適しており、特に深雪で効果を発揮します。スタッドレスタイヤは比較的、凍結の路面や圧雪の道が適しています。つまり、路面の状況に応じてスタッドレスタイヤのみかタイヤチェーンを装着するかを選択する必要があります。

今までのチェーン規制とは‥?

チェーン規制は大雪特別警報や異例の降雪があるときに行われます。

道路の積雪や凍結がひどく、通常通りの走行では危険と判断された場合に発令されるルールです。

 

これまでのチェーン規制発令時は、国土交通省が定めた「規定区間内」(過去に雪による立ち往生や通行止めが起こった場所など)の手前でタイヤチェーン装着状況の確認を行っていました。

その際にタイヤチェーンの装着がされていないと通行することができません。

また一般道路でも高速道路と同じように規制になることがありますが、以下の条件を満たしていればほとんどの都道府県で通行可能でした。

 

  • スタッドレスタイヤを全車輪に装着している
  • タイヤチェーンを取り付けている

 

つまり、これまではタイヤチェーンに限らず、スタッドレスタイヤなど一定のすべり止め対策がされていれば通行することができたのです。

  

現在のチェーン規制

平成30年12月14日に、このチェーン規制の内容が変わり、大雪特別警報や異例の大雪の時に、規制区間内のタイヤチェーン装着が義務化されることになりました。

現在の義務化対象となる区間は、国道と高速道路併せて下記の13区間です。

大雪時のタイヤチェーン装着義務が適用される高速道路

・長野県・新潟県 上信越自動車道 信濃町IC~新井PA 25km

長野県 中央自動車道 飯田山本IC~園原IC 10km

・山梨県 中央自動車道 須玉IC~長坂IC 9km

・石川県・福井県 北陸自動車道 丸岡IC~加賀IC 18km

・福井県・滋賀県 北陸自動車道 木之本IC~今庄IC 45km

・岡山県・鳥取県 米子自動車道 湯原IC~江府IC 34km

・広島県・島根県 浜田自動車道 大朝IC~旭IC 27km

大雪時のタイヤチェーン装着義務が適用される国道

・山形県 国道112号線 月山道路 西川町志津~鶴岡市上名川 27km

・山形県 国道112号線 月山道路 西川町志津~鶴岡市上名川 27km

・山形県 国道112号線 月山道路 西川町志津~鶴岡市上名川 27km

・福井県 国道8号線 あわら市熊坂~あわら市笹岡 4km

・広島県・島根県 国道54号線 赤名峠 広島県三次市布野町上布野~島根県飯南町上赤名 12km

・愛媛県 国道56号線 鳥坂峠 西予市宇和町~大洲市松尾 7km

  引用:カーナリズム

 今回のチェーン規制では、タイヤチェーン装着が義務化されましたので、スタッドレスタイヤを着けていてもタイヤチェーンをしていなければ、規制対象となり、上記13区間では通ることはできません。
尚、このチェーン規制区間においては今後も増えていく可能性があります。

また、大雪時に通行止めを実施する場合でも、チェーン規制を実施し、タイヤチェーンを装着していれば通行できるようにすることで、これまでより積雪による通行止め時間を短くするという狙いもあります。

チェーン規制を守らないと道路交通法違反となり、6ヶ月以下の懲役か30万円以下の罰金が科せられますので、自分の安全のためにもしっかりと雪道対策を行いましょう。

関連キーワード
事故車の豆知識の関連記事
  • ゴールデンウィーク
    心がけひとつで変わる!大型連休に潜む事故リスクと回避方法
  • モデルチェンジ
    あなたは知ってる?フルモデルチェンジとマイナーチェンジの違い
  • エンジン点検
    10年以上使用しても、まだまだ価値あるメーカー別国産車エンジン5選
  • 自動車税
    年度末は要注意!? 知らなきゃ損する自動車税のマメ知識
  • 車名
    あなたはいくつ知ってる?あの車の名前の由来とは
  • 輸出
    意外と知らない?中古車・事故車の輸出事情のウラガワをご紹介!
おすすめの記事