• 事故車の査定について
  • 事故車の査定について
  • 電卓と事故を表した模型 事故車の査定について
10年以上使用しても、まだまだ価値あるメーカー別国産車エンジン5選

日本国内では購入してから10年以上経過した車や走行距離が10km以上の車は、中古車としての需要が極端に低くなるといわれています。

そんな年季の入った車が、事故により損傷を受けた場合「廃車にするしかないか…」と考える方がほとんどだと思います。

しかし過去に当サイトでも紹介しているように、まだパーツそのものに価値を持つ場合もあるのです。

 

中古のパーツが20万円!?損害車に眠るパーツの価値って?

 

本記事では、その中でも車の構造上一番重要な部品であるエンジンにフォーカスしてご紹介いたします。

 

【トヨタ】 JZ系エンジン

製造期間:平成2年~平成19年まで

 

 2JZ-GTE

《このエンジンを搭載している車》

スープラ、アリスト、ソアラ、マークⅡ、チェイサー、クラウンなど

 

このエンジンには2.5リッターの1JZと、3リッターの2JZ2タイプがあり、それぞれにパワーが出るターボモデルがあります。

特に3リッターターボエンジンを搭載した『ス―プラ』はアメリカ映画のカーアクションで人気に火がつき、今もなおアメリカなどを中心に人気。

 

 

【ニッサン】 RB系エンジン

製造期間:昭和59年~平成16年まで RB26DETT

《このエンジンを搭載している車》

スカイライン、ローレルなど

 

RB26DETTというニッサンが世界に誇る、レースに勝つために作られたハイパワーエンジンの代表格。

このエンジンを積んだ『スカイラインGT-R』は数々の国内レースや海外レースで輝かしい実績を収め、日本のみならず日本車のスポーツカーが大好きな海外のマニアからも絶大な支持を得ています。

 

 

【ホンダ】 B型エンジン

製造期間:昭和60年~平成14年まで

 B16B_修正版

《このエンジンを搭載している車》

シビック、インテグラなど

 

このエンジンには様々なバリエーションがありますが、B16AB16B、そしてB18Cが国内小排気量車レースのカテゴリーで無敵を誇った時期が長いため、海外、特に近年では東アジア・東南アジアでの人気が高まっています。

 

 

【三菱】 4G63型エンジン

製造期間:昭和54年~平成18年まで4G63

《このエンジンを搭載している車》

ランサーエボリューションシリーズ(Ⅰ~Ⅸ MRまで)

 

このエンジンの歴史は長いのですが、有名になったのはエボリューションシリーズの発売後、4G63型エンジンを搭載してWRC(世界ラリー選手権)に出場して勝つようになってからです。

エンジンの耐久性も高くパワーもあり、車そのものもさることながらエンジン単体としての需要も大きいです。

世界中で知名度がありますが、こちらも近年はアジア圏での人気が高いです。

 

 

【スバル】 EJ20型エンジン

製造期間:平成元年~現在

 EJ20_修正

《このエンジンを搭載している車》

インプレッサWRX、レガシィシリーズ、エクシーガ、フォレスターなど

 

三菱と同じく、スバルがモータースポーツ、とりわけWRCで勝つために長い期間をかけて熟成に熟成を重ねたハイパワー・ハイパフォーマンスエンジン。

20年以上もの間、様々な改良を重ね円熟したエンジンは、ターボモデルを中心に海外でも大人気です。

今後も生産が継続される予定となっており、国産では希少なハイパフォーマンスエンジンと言えます。

 

 

これらの車は購入してから10年以上経過している、または10km以上走行している場合でも、エンジン本体の損傷がなければ価値が残っている可能性が高いです。

車検証の「原動機(=エンジン)の型式」の欄に、今回ご紹介したものと同じ型式が記載されていれば、廃車する前に事故車買い取り業者へ査定を依頼してみてはいかかでしょうか。

もしかすると、思った以上の金額が付くかもしれませんね。

 

おすすめの記事
意外に需要がある日本製品とは?
事故車の査定について
外国人観光客の方々が日本製品をたくさん購入されている光景を目の当たりにされた方はいらっしゃいますか? 電化製品なども人気ですが、意外な製品が...