• 事故車の査定について
  • 電卓と事故を表した模型 事故車の査定について
  • 事故車の査定について
中古のパーツが20万円!?損害車に眠るパーツの価値って?

事故で損害を受けた車や、災害で被災した車…。

「廃車にするしかないのか…」

そう考えている方もいらっしゃるかもしれません。

もしくは、買い取ってくれる業者があることは知っているけど、損傷がひどくて値段がつかないんじゃないかという不安を抱く方もいるかと思います。

 

事故車の買取査定額は、見た目の損傷具合とは別に、パーツの価値によって決まる場合もあるのです。

今回は、車のパーツに焦点を絞ってご紹介いたします!

 

車のパーツにはどんなものがある?

 

パーツの価値がある事故車の査定に関しては、一つひとつのパーツをチェックし、全てのパーツの合計金額で買取価格が決まることがあります。

車のどんなパーツが主にチェックされるのでしょうか。

ここでは【トヨタ ハリアー】を例に挙げてご紹介します。

 

【トヨタ ハリアーの場合】

  1. ドア
  2. バックドア
  3. エンジン
  4. トランスミッション
  5. ヘッドライト
  6. フロントバンパー
  7. リアバンパー
  8. 純正アルミホイール

 

この8種類のパーツは、比較的高値で取引されるパーツです。

聞いたことのあるパーツもあると思いますが、このパーツたちが一体どのくらいの値段で取引されるのか、なかなか想像しにくいと思います。

それぞれのパーツにはどれくらいの価値があるのか?

 

先程挙げたパーツにはどれくらいの価値があるのか、価格順に見てみましょう。

ここでは中古で流通しているものを例に上げていきます。

 

【例】 28年式 トヨタ ハリアー

1.エンジン         約20万円
2.トランスミッション    約20万円
3.バックドア        約10万円
4.ヘッドライト1個あたり   約9万円
5.ドア1枚あたり       約7万円
6.フロントバンパー       約23万円
7.アルミホイール1本あたり  約2万円
8.リアバンパー         約15千円

 

多少価格は前後しますが、一番高値で取引されるのはエンジンとトランスミッションのようです。

車の損傷が酷くても、エンジンやトランスミッションの損傷が無ければ、高値で買い取ってもらえる可能性があります。

 

まとめ

 

事故でひしゃげた車も高い値段で取引される理由の1つがお分かりいただけましたでしょうか。

「車」としての価値だけでなく、パーツとしての価値が高い場合もあります。

壊れた車を見ると「廃車しかないか」「むしろスクラップにお金がかかるのかな?」と、いろいろ考えてしまうかもしれません。

町の車屋さんや周りの方からも「これは廃車しかないね・・・」と言われると、ますますその思いが強くなるかと思います。

ただ、事故の状況次第では思っている以上の値段がつくこともあるので、悲観せずにまずは事故車買取業者に連絡をしてみることをオススメします。

きっと助けになってくれるでしょう。

関連キーワード
  • その古い車、実は大きな財産かも!今でも人気・価値の高いクラシックカー4選
  • 車パーツ
    中古のパーツが20万円!?損害車に眠るパーツの価値って?
  • 廃車においての手続き
    損害車(事故車)買取専門業者に依頼する際、必要な書類とは
  • 車001
    事故車の買取専門業者ってナニモノ?事故車が必要とされる理由を徹底解剖!
  • 過走行車とは
    10万キロ以上走行したら廃車?まだまだ価値がある過走行車を売る方法
  • 事故車になったポルシェでも高く買ってもらいましょう
おすすめの記事