• 事故車の査定について
  • 電卓と事故を表した模型 事故車の査定について
  • 事故車の査定について
「早めの廃車手続き」のススメ -廃車したらお金が戻る?-

愛車が事故に遭ってしまった・・・

 

事故で愛車を手放さなければならなくなった時、業者への依頼や手続きに費用がかかるとお考えではないですか?

以前に詳しい記事を載せておりますが、その事故車、専門業者が買い取ってくれるかもしれません。

事故車の買取専門業者ってナニモノ?事故車が必要とされる理由を徹底解剖!

 

上記のような専門業者は車を買い取ると廃車手続きを行います。

廃車手続きを行うと、既に支払っていた税金や保険料が一部返金される場合があります。

損をしないためにも、具体的にどんなお金が返ってくるのかについて知っておいたほうが良いでしょう。

本記事では、返金される費用についてご紹介します。

廃車手続きをするとどんなお金が返ってくるの??

自動車税

自動車税とは41日時点の車検証上の所有者(所有権留保の場合は使用者)に課される税金のことです。

車を売却したとしても支払った自動車税の還付はありません。

しかし廃車手続きした場合に限り、年度の残存期間(※)に応じた自動車税が返ってくる仕組みになっており、廃車手続きが完了した翌月から月割換算した金額が還付されます。

※例えば、10月に廃車手続きが完了した場合は、11月から3月までの5か月間が年度の残存期間になります

廃車手続きには、一時的に車を使えなくする「一時抹消登録」と、車を解体し永久的に車を使えなくする「永久抹消登録」2種類がありますが、どちらの場合でも自動車税は還付されます。

ただし、軽自動車の自動車税還付はありませんので注意しておきましょう。

自動車重量税

自動車重量税とは新車購入時と車検時に課される税金のことです。

車の重量に応じて金額が決められており、車検期間に応じた税金を納めます。

自動車重量税は、車を解体し永久抹消登録をした場合のみ還付されます。

こちらは永久抹消の手続きと同時に還付手続きを行う必要があり、金額は下記の要領で計算されます。

kampu

また、自動車重量税は軽自動車でも還付対象となるため、忘れずに申請しましょう。

自賠責保険

自賠責保険の還付を受けるには、保険会社への申請手続きを行わなくてはなりません。

手続きには抹消登録を証明する書類が必要になりますので、廃車手続き完了後に保険会社へ解約申請しましょう。

解約申請を行った日から還付金額が算出されるため、廃車手続きが完了したら早めに申請することをおすすめします。

また有効期限が1か月未満の場合、還付金はありませんので要注意です。

任意保険

任意保険はいつでも解約できますが、公道を走る可能性があるうちは解約をお勧めできません。

廃車手続きが完了する日を前もって保険会社に連絡しておき、その日に合わせて解約できる「先付け解約」という方法もありますので、廃車手続きを行うかどうか、しっかりと見極めてから判断しましょう。

 

ここまでの内容を表にしたものが下記となります。

henreikin_list

※自動車税・重量税・自賠責保険は残存期間が1ヵ月に満たない場合、還付金・解約金はありません。

※任意保険に関しては日割り計算で返金される場合もあります。

 

 

事故に遭えば誰だって落ち込みます。

そのうえ廃車の手続きのことも考えなければならないなんて面倒だ……と思ってしまうかもしれませんが、早め早めに手続きをすることで返ってくるお金が多くなる可能性があります

手続きを代行してくれる業者にお願いして、少しでも負担を減らせると良いですね。

関連キーワード
事故車の豆知識の関連記事
  • 車の夢
    車で事故をする夢の暗示 ~夢占いで分かる5つのこと~
  • 車とお金
    「早めの廃車手続き」のススメ -廃車したらお金が戻る?-
  • 放置車輌
    知っておきたい「乗らない車の長期保管」によるデメリット
  • 車とお年寄り
    意外と知らない免許証の自主返納について知っておこう
  • 自動車に乗る女性
    意外に需要がある日本製品とは?
  • 煽り運転
    知っておこう!あおり運転の対処法
おすすめの記事
事故車の査定はどのように行うのか?
事故車の査定について
事故車の査定は何が必要か 事故車を査定に出すときは、事故車だということを知らせておく必要があります。なぜ、告知しなければならないのか、そもそ...