• 事故車の査定について
  • 事故車の査定について
  • 電卓と事故を表した模型 事故車の査定について
タイヤの機能性を知って正しく使おう

本サイトでは以前にもタイヤの整備についてご紹介しました。

タイヤの整備は万全?整備不良による事故を未然に防ぐには

今回は季節に合わせたタイヤ交換について取り上げてみましょう。

タイヤは車を安全に走行させるために最も大切な部品であり、季節や道路状況に合わせて交換が必要です。

冬のドライブにはスタッドレスタイヤが必要とご存知の方は多いものの、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの交換のタイミングについてはあまり知られておらず、交換することなくそのまま履きつぶすというユーザーが多いのが現実のようです。

チェーンを巻いた場合は、雪道がなくなるころにチェーンを外しますよね。

それでは、スタッドレスタイヤを付けている場合、交換のタイミングはいつなのでしょうか。

タイヤの付け替え、ちゃんとしていますか?

確かに季節に合わせてタイヤを買い替えに行くのは面倒ですし、取り外したタイヤを保管しておく場所を確保するのも難しいですよね。

しかしその手間を惜しむと、燃費が悪くなったり走行音も大きくなったりするだけでなく、思いもよらない事故に繋がる可能性も高くなり、ドライブを楽しむどころか困った状況に陥ってしまう結果になります。

見た目には問題ないように見えても、そこに潜むリスクは重大です。

真夏に使うスタッドレスタイヤのリスク

ノーマルタイヤに比べスタッドレスタイヤはゴムが柔らかく、雪のない通常の道路ではかえってブレーキの効きが悪くなる上にハンドリングが鈍くなるというデメリットがあります。そのため夏場にスタッドレスタイヤでスピードを出した状態でのカーブ走行や急なアクセル・ブレーキ操作は事故の原因となります。

さらにスタッドレスタイヤは熱を持ちやすく、かつ変形しやすいので、真夏に長距離走行する等の過酷な使い方をしてしまうと、タイヤが破裂してしまう可能性が極めて高いです。

旅行などで長い時間続けて走行するシチュエーションは良くありますが、実はとてもリスクが大きいのです。

オールシーズンタイヤの存在

最近では、オールシーズンタイヤと呼ばれる一年中履いたまま使用できるタイヤも見かけるようになりました。しかし、これは凍結した路面でのグリップ力がスタッドレスタイヤよりも弱いので、雪が積もるところを長時間・長期間走行するならやはりスタッドレスタイヤがベストです。

言い換えれば、雪が降らない地域で車に乗る機会が多い方は、オールシーズンタイヤにしておけば、わざわざ季節の変わり目にタイヤを付け替える必要もなくなります。

スタッドレスタイヤに交換しようと検討しても保管場所に困るという場合、タイヤ交換と同時に「タイヤ預かりサービス」を行っているディーラーやタイヤショップもありますので、ご利用してみてはいかがでしょうか。

たかがタイヤ…と思わずに、自分の使用状況に合わせつつマイカーも家族も守っていきましょう。

おすすめの記事