一般的に事故車は廃車処分しなければいけないと思われがちですが、実は買取によって処分することができます。エンジンを載せ替えて販売する業者や、部品を交換して販売する業者、専門のオートオークションで販売する業者など、多くの業者が買取ります。

事故車でも買取りしてくれるって本当!?

一昔前とは違う、現代の事故車ビジネス

通常事故車は、廃車にして処分するというのが一般的な考えです。 多少の傷やパーツの歪み程度なら、買取処分することもできると思えますが、車体フレームが大きく破損していたり、完全に水没しまったりした車の場合、とても買取ってくれる相手はいないと思えるからです。 しかし、最近ではこうした事故車でも、高額で買取ってくれる業者が存在します。

事故車・不動車でも業者が買取する理由

事故車といっても、その状態はさまざまです。 パーツが破損しただけの車や、車体フレームが歪んだ状態になった車、さらにはまったく動かなくなってしまった「不動車」も存在するのです。 かつては、パーツの一部が破損した車や、修理をした車のみが買取の対象となりました。しかし、最近では大きな破損のみられる車や、不動車も高額で買取されるようになりました。 事故車や不動車が買取できるようになった理由は、エンジンを載せ換えてリメイク中古車として販売できるからです。 また、海外では金属の需要が高騰していることや、日本車のパーツが高く売れることから、事故車や不動車にも高い商品価値があるのです。

より高く買取ってもらうには

事故車の買取依頼をした時、業者によってはかなりの低価格を提示したり、ダメージの大きさを理由にタダで引き取ることを提案したりします。 「たとえタダでも、処分するよりは費用や手間もかからないから良い」と考える人もいるでしょう。しかし、業者によっては事故車や不動車でも高く買取ってくれるため、タダ同然で手放すのはやはり損をしているといえるでしょう。 事故車の買取価格は、業者によって価格が異なります。きちんとした鑑定ができて、事故車を売却する流通ルートをしっかり確保している業者なら高く売れます。逆に鑑定もろくにできず、売却も別の業者に丸投げしている業者の場合、安く叩かれる恐れがあります。 見積りを依頼する場合、一社だけに任せず、複数社に見積り依頼をしましょう。どの会社が最も良い条件で買取ってくれるかがわかるからです。 ほかにも、高額で買取ってもらうための方法は多く存在します。ここで、その高価買取のコツについてみていきましょう。

事故車の買取であると買取査定にプラス評価されるもの

丁寧に扱われていたことがわかる書類

中古車を買取処分してもらう場合、買取額をアップさせるために、3つの書類が必要となります。 「車の取扱説明書」「整備手帳」「メーカー保証書」の3つです。これらの書類は、車がいかに丁寧に扱われていたかを証明する書類となります。買取をする業者側からすれば、オートオークションなどで売却しやすくなるので、より高い価格で買取ってくれるわけです。では、事故車や不動車の場合はどうなのでしょうか? 通常の中古車とは違い、いわば「傷物」の車ですから、丁寧に扱われたという書類があったとしても意味がないように思えます。しかし、買取業者はたとえ事故車だとしても、「車の取扱説明書」「整備手帳」「メーカー保証書」があれば高く買取ってくれます。これは、事故を起こす以前は丁寧に扱われたということがわかるからです。事故前もぞんざいに扱われた車ですと、たとえエンジンを載せ換えたとしてもほかの部分が故障してしまい、まともに走れない場合があります。ですが、事故前も丁寧に扱われていたことがわかれば、リメイクも簡単に行えるほか、使われている部品も綺麗な場合が多いのです。そのため、買取業者側からすれば「売りやすい車」として高く買取ってくれるわけです。

ほかにもある!買取価格を上げるポイント

車の書類以外にも、事故車の買取額が高くなるポイントは多くあります。 ・車の洗車や車内の掃除・消臭が行き届いている。 ・エンジンの掃除・整備をしっかり行っている ・ステッカーやペイントをしっかり剥がしている ・改造したパーツがなく、純正品のパーツや備品がすべて残っている ・走行距離が短い ・車種やカラー、グレードが市場で人気であること ・事故後にきちんと修理をしている 高く買取ってもらうためには、自分の車がいかに価値があるかを業者に伝える必要があります。人気車種であること、走行距離が短いこと、掃除や整備をこまめに行っていたことなどを伝えることで、買取価格をアップしてくれる場合があります。 また、車種や走行距離でアピールができなくても、掃除や修理であれば事故後でも対応できます。一度業者に査定をしてもらい、修理のコストより買取による利益の方が高くなるなら、積極的に修理・清掃を行っておきましょう。

複数の業者に買取依頼をすることも重要

買取価格を上げる方法として、複数の業者に一括査定を行うことも重要です。 買取業者は、こちらが複数社に査定依頼をしていることを把握しています。ライバルとなる業者が多ければ、当然業者どうしで価格競争が起こることもあります。 より高い価格を提示してくれる業者が増えるため、高く買取ってもらいやすくなるのです。

本気で事故車を売るなら査定時期を考える!

車の買取価格が上がる時期とは

事故車や中古車の買取業者は、大抵の場合オートオークションなどで車を売却し、利益を得ています。 このオートオークションでは、時期によって車の価格が高くなることがあります。決算期に近い1月下旬から3月上旬と、ボーナスが出る8月から9月です。 3月は自動車メーカーや販売業者の決算期であり、さらに4月は新生活を始める人が車を多く購入する時期です。3月上旬までオートオークションでの取引は活発化するため、買取業者は1月下旬から3月上旬までたくさんの車を仕入れたいと考えます。その結果、すぐに車を仕入れるため、買取価格を高くしてくれることがあるのです。 また、多くの会社員がボーナスを得る9月も、車を購入する人が増えることから、買取価格が上がることがあります。 すぐに事故車の買取処分をしたいという人以外は、1月から3月、または8月から9月まで買取依頼を待っておくとよいでしょう。

業者のニーズを理解していれば、さらに高く買ってくれる

買取をする業者がどんな車種を求めているかなど調べるのも、高く買取ってもらうポイントの一つです。 軽自動車を専門に扱っている業者や、外車専門の業者、有名ブランドの車を中心に扱う業者などであれば、メインで扱っている車種に関しては高く買取ってくれます。自分の所有している車種をメインに扱う業者を探すことで、より高く買取ってもらうことができます。 また、業者によっては一部車種の在庫がなくなったことで、一部の車種を高額買取してくれる場合があります。買取業者のホームページを調べることで、どんな車種を高額買取してくれるかがわかるため、買取査定を依頼する前に一度業者のホームページにアクセスしましょう。

逆に買取価格が下がる時期は?

事故車や中古車の買取価格が下がる時期は、年末の12月です。 来年になると車の価格が年落ちしてしまうため、買取をする業者の査定価格も下がってしまいます。 業者からすれば、1ヵ月経てば価格が下がる車を買取るわけですから、当然その分を割り引いて査定することとなります。こうしたことから、12月に売却をするのは損となるわけです。 できるだけ高く売りたいなら、11月以内か12月のできるだけ早い時期に売るか、1月中旬まで売却を待つとよいでしょう。

高額買取のポイントは査定依頼日!

買取業者に足元を見られないようにするのが重要

事故車を高額で買取ってもらうため、最も重要となるのが、業者との交渉です。 車の修理や清掃を行い、高く買取ってもらう時期をしっかり押さえていても、肝心の査定で業者の言い値通りにすると安く叩かれてしまいます。 事故車の買取を依頼する場合、多くの人は車の買い替えの費用にあてるため買取を依頼します。多くの業者はそれを見越し、「いつごろ車の買い替えをしますか?」といった質問をします。 もし買い替えの時期が近い場合、業者は「すぐにお金が欲しい客だ」と判断し、状況を逆手にとって安い買取価格で「即決」するように迫るのです。

「他社へ査定依頼をしているか」といった質問も注意が必要

他社へ依頼をしていると答えた場合、必ず相手の業者からの査定額を尋ねます。この問いにも答えてしまうと、他社からの査定額よりもやや高い額を提示し、「即決」で契約をするように勧めてくるでしょう。 買取をしてもらいたい側からすれば、ほかの業者より高い値段で売れたと思うでしょう。しかし、業者側からすると、安く買い叩くことができたと喜んでいるかもしれません。 車の買取価格は相場がほとんど決まっています。業者ごとに価格差があるのは、安い査定額を提示して様子をみている業者が存在するからです。 様子見で安く見積もっている業者の査定額を教えてしまうと、別の業者は「すこし買取額に上乗せして安く買取ってやろう」と考えます。結果として、高く買ってもらったはずが、安く買い叩かれてしまうという事態になってしまうわけです。

即決での判断は避ける

買取業者との交渉で、最も重要なのは、即決で買取を決めてしまわないことです。 業者の多くは、できるだけ車を安く買うため、さまざまな交渉テクニックを使います。最初に非常に安い査定額を提示し、「相場はこの値段ですが、ウチはさらに高く買います」「今なら期間限定で、さらに高く買います」と、お得感を演出して実際には安い値段で買わせようとすることがあるのです。 こうした交渉テクニックに踊らされないようにするには、とにかく「即決」を避けることです。 「今回だけの特別価格」などといった言葉に従わず、「ほかの買取業者としっかり比較してから決める」ということを相手の業者にしっかりと伝えましょう。 即決せず、どの業者に売るか家でじっくり考えることで、より高く買ってくれる業者を冷静に見つけることができます。

「金額次第で売る」という姿勢で交渉するのがコツ

業者に足元をみられないようにするには、「納得できる金額以外では絶対に売らない」という意思を相手に伝えることです。 たくさんの業者に査定依頼をしていることを伝え、さらに「金額次第で売却を決める」ことをはっきり伝えましょう。 他社と比較していることがわかれば、買取業者は他社の査定額を訊いてきます。この時、査定額は決して教えてはいけません。 こうすることで、業者は「ほかの業者が高い値段をつけていたら、すぐに売ってしまうかもしれない」と考えてしまい、車を確保するため高い買取額を提示してくれるのです。 より高い価格で事故車を売るには、何よりも業者との交渉が重要となります。相手の話術に飲まれないように注意しながら、こちらに有利になるよう交渉を進めましょう。

自分で調べ、行動することが高価買取に繋がる

今回は事故車を高価買取してもらう方法をいくつか提示しましたが、記載した内容はあくまで方法の一部であり、ほかにも高く買取ってもらう方法は存在します。 また、買取をする業者もさまざまです。オートオークションで売却する業者のほか、部品を分解して販売する業者や、自社で修理をしてから店舗で販売する業者、海外へ向けて事故車を販売する業者なども存在し、業者ごとに買取価格も変わってくるでしょう。 事故車をより高く買取って欲しい場合、自分でどんな対策をするか、どう交渉をするべきか、またどんな業者に売るべきかを徹底的にリサーチしましょう。あらゆるルートから調査をすることが、高額買取への近道です。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーワード
  • 横転した車
    損傷がひどくても買取してくれる?事故車をお金に変える方法
  • 事故車とパトカーの模型
    事故車を売るならトラブルにも気をつけましょう
  • 故障車でも買取してもらえます!その理由とは何?
  • 不動車でも高く買取ってくれる業者があった!どんな状態なら買取OK?
  • 車の販売をするディーラーも扱わない事故車は業者が買取ってくれる?
  • 徹底リサーチ!事故車の乗り換えで得なのは下取り?それとも売却?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。