「下取り」と「買取」の違いとは?

知らないと損をする!下取りと買取の意味

事故で車が壊れ、新しい車に買い換える時に便利なのが下取りサービス。しかし、実はこうした事故車は下取り以外にも、買取専門の業者に売却する方法でも処分できるのです。ここで気になるのが、下取りと買取の違いです。意味合いはほとんど同じように思えますが、実はこの2つのサービスは全く異なる内容なのです。

下取り

下取りサービスとは、今まで乗っていた車を売却し、売却費用をそのまま新車の購入費に充てるサービスです。車の販売店やディーラーなどが行っており、中古車を処分する方法として最もポピュラーです。通常、下取りサービスは事故を起こしていない中古車が主流ですが、お店によっては事故車でも下取りしてくれる場合があります。

 

【メリット】

  • 事故車の処分と新車購入を一度に行うことができる
  • 下取り費用を充てることで、新車の購入費が安くなる
  • 事故車が不動車でない(動かせる)場合、事故車に乗って店に行き、そのまま新車で帰れる
  • ディーラーと信頼関係を築きやすくなり、新車購入後も親身にサポートをしてくれる

 

【デメリット】

  • 査定額の基準はオークションの相場に基づいていないので、相場より安い価格で買われる可能性もある
  • 下取りした車を自社で販売しているディーラーの場合、人気車種でも高く買ってくれない場合がある

買取

買取サービスは、中古車などを買取する専門的な業者に売却する方法です。販売店やディーラーとは違い、買取業者は車の販売は行っていません。その代わり、通常売れにくい事故車や輸入車、改造車の買取にも対応してくれることや、下取りよりも高い価格で買ってくれることなど、さまざまなメリットがあります。

 

【メリット】

  • オークション相場を参考に査定額を決めているので、下取りよりも高い価格で買ってくれる
  • 自宅までの無料出張査定サービスや、名義変更の手続き代行など、便利なサービスが受けられる
  • 一括査定を利用することで、より高い価格で買ってくれる業者が見つかる
  • 人気車種や業者がメインで扱っている車種の場合、さらに買取価格をアップさせてくれる
  • 下取りで値段がつきにくい車でも、高価買取してくれる場合がある

 

【デメリット】

  • 新車はディーラーなどから購入しなければならないため、新車納入まで時間がかかる
  • 一括査定を依頼すると、多くの業者と連絡を取ることになるので、負担になる

買取業者が査定しているのは「売り手」

買取する車の価格はすでに決まっている?

買取サービスは、下取りよりも高く買ってくれるということがわかりました。少しでもお得に事故車を手放したいと考えている人なら、買取サービスの方がお得だと思えるでしょう。しかし、この買取サービスも、決して相場と同じ値段で買ってくれるとは限らないのです。

買取られた車は、オークションに売却される

買取業者は、ほとんどの場合買った車を「オートオークション」で売却して利益を得ています。このオートオークションとは、中古車販売をしている業者などが買い付けをする卸売市場のような場所です。ちなみに事故車の場合は「スクラップオークション」と呼ばれ、事故車の買い付けを行う業者が数多く参加します。
オークションでは、車種ごとに相場がほぼ確定しているため、買取業者はこのオークションでの相場を参考に、買取による査定額を決めているのです。

売り手側は、業者のオークション価値が見えていない

「では、オークションの相場額通りで車を買ってくれるのか?」と考える人もいるかもしれませんが、買取業者のサービスも商売です。当然相場よりも安い価格で買取をし、オークションでの売却価格との差額によって利益を得ています。
業者に依頼する以上、相場より安くなってしまうのは仕方ありませんが、気になるのが相場との価格差がどれだけあるかでしょう。相場よりだいぶ安く買い叩かれた場合、売却をしたことが損となってしまうからです。オークションで売れる価格はだいたい決まっているので、業者は買取をする際、車よりも「売り手」を見ます。
つまり、業者は売り手側の知識不足や思い込みを逆手に取り、より安い査定額で納得してもらうよう交渉をするわけです。売り手側はオークション価値がわからないため、業者の査定額を信じるしかありません。業者に足元をみられ、結果として安く買われてしまうこととなるのです。

営業マンのこんなセリフは、売り手を査定している!

売り手を査定するのは、実際に車の査定を行い、価格交渉をする営業マンです。営業マンはより安く買うため、売り手を試すようなセリフをいうことがあります。特に以下のようなセリフが出た場合、注意が必要となります。

要注意の営業トーク

 

【希望金額はいくらですか?】
このセリフを聞き、素直に金額を伝えるのは危険です。こちらはオークションでの相場を知らないので、希望している金額が相場に比べて非常に安い可能性があります。業者側からすれば、相手が欲しい金額を勝手に自白してくれたようなものですから、あとはその希望金額に「今回は特別ですよ」と多少色をつけて買取をするだけです。
売り手側は高く売れたと勘違いしてしまいますが、実際には相場よりもだいぶ安く買い叩かれてしまうのです。

 

【下取りの提示金額はいくらでしたか?】
もしディーラーなどに下取り査定をしていた場合、この金額を教えてしまうのも避けた方がよいでしょう。買取業者に下取りの提示金額を教えると、必ず買取業者はその金額よりも高い額を提示します。一見して得をしたように思えますが、そもそも下取りの価格はオークションでの相場価格よりもだいぶ安いのです。
下取り価格に多少色をつけたとしても、相場に比べると安い価格である場合もあるため、下取りの提示金額は安易に教えないようにしましょう。

 

【他社にはもう行かれましたか?】
他社で買取査定を受けたかどうかの質問ですが、この質問の場合は答え方に注意が必要です。他社で査定を受けた、とこちらが答えると、営業マンは必ず「査定額はいくらでしたか?」「どの会社で査定を受けましたか?」といった質問をします。査定額を伝えてしまうと、業者側は必ずその金額よりも少し高い値段を提示します。しかし、この金額は相場に比べてだいぶ安い価格であった可能性があるため、業者に安く見積られる場合があります。
特に電話やメールでの査定の場合は要注意です。業者は電話やメールではほぼ確実に安い査定額を提示します。営業マンにその金額を教えてしまうと、それを根拠に実際の価値よりもだいぶ安い査定額がつけられるのです。また、査定を受けた別業者の名前を伝えるのも避けましょう。営業マンに他社の名前を伝えると、後で業者同士が連絡し合い、安い査定額で買取成立させようと結託される恐れがあります。
「他社にはもう行かれましたか?」という問いには、「はい」とだけ簡潔に伝えるか、「査定は受けたが査定額は言えない」と伝えるとよいでしょう。

査定価格の落とし所を交渉する

買取業者のオークション相場を調べる方法

買取業者に安く見積られないようにするには、こちらがオークションの相場を知っていることが一番です。ところが、オークションの情報は一般公開されていないので、相場からいくらで売れるかを計算するのは非常に難しいのです。ですが、所有している事故車の価値を調べる方法はあります。事故車の販売を行っているサイトや、中古車の海外輸出業者向けサイトを調べるのです。売却する車と同じ車種で、損傷も同じレベルの車の価格を調べると大体の価値がわかるでしょう。
しかし、買取業者はこれらのサイトで売られている価格で買取ることは決してありません。なぜなら、相場と同じ価格で買取ってしまうと商売が成り立たなくなるからです。だからといって、業者の言い値通りの非常に安い値段で手放すことはできません。そのため、売り手であるこちらも、買取業者も納得できる、「査定価格の落とし所」を交渉によって決める必要があるのです。

複数社に見積もりを競わせる「複数社同時立会い」がおすすめ

高額買取をしてもらう交渉方法としてあげられるのが、「複数社同時立会い」です。これは、簡単にいえば複数の業者に査定を依頼し、同じ日時に査定をしてもらう方法です。「しかし、それは一括査定と同じでは?」と考える人もいるでしょう。
一括査定と決定的に違うのは、「他の会社が提示した価格がわからない」ことです。一括査定サイトを利用すると、同じサイトに登録している会社同士が、お互いの査定の提示額を共有します。つまり、業者同士が結託し合い、交渉を有利に進めようとするわけです。一括査定によって、競合他社が買取価格をせり合っているように見えて、実は買取を希望する業者のために、安い価格でせり合ってみせるというマッチポンプをしている場合があります。
ところが、複数社同時立会いの場合、お互いの提示する価格がわからないため、業者同士が結託することができません。どうしても車が欲しいと考えている業者は、他の業者に取られないようにするため、より高い価格を提示してくれるでしょう。

複数社同時立会いの手順

1、複数社(2社~4社程度)に電話をかけ、同じ時間に査定してもらいます。その後、せりをする目星をつけていた2社~4社の買取業者に電話をかけ、複数社同時立会いでの査定を依頼しましょう。このとき、5社以上を呼ぶ必要はありません。どの買取業者も相場価格を参考に査定額を決めるため、基本的に買取価格はどの業者も同じ値段となります。
買取価格で差が生まれるのは、買取業者に「多少高くても買取りたい」と思わせることができたからです。2社~4社に同時に査定してもらえば、「他の業者よりも有利な条件を出さなければ」という焦りが現れるため、高い査定価格を提示してもらいやすくなります。

2,複数社(2社~4社程度)に訪問し、車を査定してもらいます。その場で価格交渉はせず、後日電話で交渉をするという方法も効果的です。
各業者に査定を依頼し、査定額を一通り聞いた後、後日電話で「他社はあなたの会社よりも高い金額を提示しています。そちらはこれ以上、査定額を上げることはできませんか?」と尋ねましょう。相手の業者がどうしてもこちらの車を欲しいとしているなら、査定額をさらにアップしてくれるでしょう。
この時注意したいのが、「他社の最高額はいくらですか?」という質問に答えないことです。具体的な価格をいうと、その額と同程度か少し上程度の額しか提示しなくなります。
具体的な価格をいわず、「そちらが出せる最高金額はいくらですか?」という風に交渉することで、高い金額での買取ができるのです。

会社同士が結託する場合もあるため注意

複数社同時立会いが効果的なのは、会社同士の結託を防げるからです。業者同士を競わせ、常に相手の業者が出せる最高金額を要求するのが、交渉を有利に運ぶコツだといえます。しかし、この同時立会いも、業者同士の結託を完全に防げるわけではありません。
こちらが複数社同時立会いを提案した場合、警戒した相手の会社が、地域にある買取業者と連絡を取り合う可能性があるからです。複数社同時立会いは、一括査定より高い価格での交渉ができる可能性はありますが、決して確実な高額買取を保証するものではないということを覚えておきましょう。

複数社に見積もりをした後、地域から離れた業者にも査定依頼をする

事故車が不動車ではないのなら、あえて地域から離れた業者に査定してもらうのも効果的です。同じ地域で業務をしている買取業者や、大手の買取業者に同時立会いを依頼した場合、相手の業者が裏で連絡を取り合う可能性があります。
別の地域にある知名度の低い買取業者であれば、業者同士が連絡を取り合う可能性は低くなります。複数社同時立会いで、交渉がうまくいったか不安な人や、業者の査定価格が全社ほぼ横ばいだった場合、セカンドオピニオンとして別の地域の業者に査定を依頼しても良いでしょう。

事故車のオークション代行業者に出品依頼する

より高く事故車を売却したいなら、事故車のオークション代行業者に依頼するという選択肢もあります。事故車オークション代行業者とは、オークションの参加資格のない一般の人の代わりに、車をオークションへ出品してくれる業者のことです。
買取業者の場合、オークションでの相場より高い値段で買取ることはありません。しかし、オークション代行業者へ任せれば、オークションで相場以上の値段で売れた場合、買取業者に売却するよりはるかに高い利益を手にすることができるのです。ただし、このオークション代行業者の利用はさまざまなリスクがあるため、依頼は慎重に行いましょう。

 

【代行業者のデメリット】

  • 買い手がつかない場合、出品手数料を支払い続けなければならない
  • 出品した車が売れた後、クレームを申請された場合、落札価格を減額される恐れがある
  • 不正を行う業者もいるため、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性がある

廃車寸前でも買取の依頼方法によって高額が手に入る

いかに廃車寸前の事故車であっても、買取業者との交渉しだいで価格を高くすることができます。面倒だからと業者の言い分に従っていると、本来なら手に入っていた高い利益を失うこととなります。「車の買取は業者と交渉してからが本番」だと考え、お互いにとってベストな「査定価格の落とし所」を探しましょう。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

事故車の豆知識】の関連記事
  • 廃車・事故車買取の危険なワナ!相場を知らないと損をする?
  • 水没車を売るための方法を確認しましょう。
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。