サイトタイトル -
対象キーワード 故障車 買取
記事№ 10 ファイル名 kosyou
h1タイトル 故障車も欲しがっている人がいます!
ページタイトル 故障車でも買取してもらえます!その理由とは何?
導入文 車が故障した時に悩むのが、修理か、廃車か、それとも売るかというときです。できれば「一番得する方法」が知りたいですよね?ここでは、故障車の扱いで困っている方のために、故障車が高く売れる方法と、その理由を紹介します。

故障車でも買取してもらえます!

昔は一定以上壊れた故障車には買値がつかずに、お金を払って廃車にしてもらうことが一般的でした。しかし、今では多少壊れた車でも高く買取してもらうことができます。そして、もう乗れなくなってしまった完全に壊れた車でも、お得に処分できる方法があるのです。なぜ故障車なのに買取ってもらえるのか、その理由を詳しく紹介します!

買取られた故障車のほとんどは海外へ輸出されている!?

故障車でも買取ってくれるのは、いくつかの理由があります。ここでは、そのなかでも特に大きい2つの理由を紹介していきます。

故障車は海外での需要が大きい!

実は日本の故障車は海外で高い人気を持っています!そのため、日本では使えなさそうな車でも、高く買取ってもらえるのです。しかし、なぜ海外で故障車の人気が高いのでしょうか?その理由は日本車には以下の3つの特徴があるからなのです。

・特徴1.車検制度がしっかりしている
日本では世界的に見ても特に厳しい車検により、自動車の安全品質が保たれています。そのため、日本の車は故障車であっても、修理すれば長く使える車として高い人気があります。そして、実は海外には日本のような車検制度がない国も多いのです。そのため、日本では車検せずに乗ることができない車でも、海外では問題なく使用できます。

・特徴2.まだ使える車でも手放されることが多い
車検が厳しいことに加えて、国内での新車人気の高さも理由の一因です。日本人は車の調子が悪くなってきたら、修理するよりも新車を購入するという人も多くいます。そのため、品質の高い中古車が国内にあふれているのが現状です。そこで、高品質で低価格な車を求め海外バイヤーが、修理可能な故障車を積極的に買い付けしています。

・特徴3.10万キロが車の限界だと思っている
日本では走行距離が長い車は、故障しやすく燃費も悪くなりやすいイメージがあるため不人気です。しかし、走行距離が100万キロを超えても乗り続けていることもあります。日本では敬遠される車であっても、海外の環境に適している場合もあるため、完全に動かないもの以外であれば十分に使えるのです。

故障車は国内でも需要がある!

実は故障車には、乗用車としての使い道以外にも需要があります。それは、「パーツの採集用」としての使い道です。年式が古いため売れない車であっても、その車種に昔から乗り慣れている人にとって、かけがえのない車であるということもよくあります。そうした車は修理用パーツを確保することも大変です。そのため、修理が必要でコストが高くついたり、これから購入する人には不人気だったりする車でも、意外に高価格で買取られることがあります。故障車は解体用としても高い需要を持っているのです。

このように自分では要らなくなってしまった故障車にも、さまざまな需要があります。ですから、「どうせ売れないだろう…‥」とあきらめずに、価値が分かるところで買取ってもらいましょう。しかし、高く買取ってもらおうと思ってしたことが、逆に損につながってしまうこともあるため注意が必要です。そこで次の項目では、故障車を売るときに注意が必要なことを紹介します!

修理せずに故障車をそのまま売った方が得!

修理して売ったら損をすることもある

故障車は修理せずに、そのまま売ってしまった方がお得なことが多々あります。実は修理をして売っても、修理費用に合った買取価格で買取ってもらえる可能性はとても低いからです。自分で使うための修理と、販売用の修理では基準も異なりますし、業者も高い利益が欲しいので、高額で買取ってくれないのです。そして修理費用に見合わないどころか、むしろ評価が下がってしまうこともあります。その理由も確認してみましょう。

修理が評価されない理由

なぜ修理をしたのに評価がマイナスになってしまうのか、その理由は大きく分けて2つあります。ひとつは業者側で専用の修理工場を持っている場合です。当然ながら、別の工場で整備した料金を上乗せするよりも、自社で修理した方が修理費用も安くおさえられます。また先ほども紹介したように、普段乗っていて問題がない程度の整備と、売るために整備するのでは必要な基準が違います。そのため、修理に使用したパーツを純正品へ変えたりするなどの作業が必要になり、むしろ手間がかかることも多いのです。
もうひとつの理由は、車のパーツだけを買取ることが目的の場合です。こちらは解体して使えそうなパーツだけを取って、あとは廃車にします。よって、事前に修理をしても結局損をしてしまうだけになるのです。もちろん、どちらの場合であっても、状態が良いに越したことはありません。外装や内装の清掃など、費用や時間がかからない程度の整備はしておいても良いでしょう。

故障車の買取が常識化していく時代

なぜ故障車が評価されるようになってきたのか

以前までは、所有者が廃車費用を支払って処分することが多かった故障車。しかし、現在の故障車では事情が違っていることはもうご存知ですね。紹介してきた通り、海外での販売や修理用パーツの確保のために故障車でも高い需要があるので、すぐ廃車にしようとはしません。こうした変化が生まれた理由のひとつは、リサイクル意識の高まりも要因と言えるでしょう。資源は有限であり、貴重なものであるという意識が高まり、リサイクルへの関心や法整備、技術が高まっています。他の理由としては、買取業者間の競争があげられるでしょう。多くの業者が中古車の買取を行い、さらに海外への販売ルートのも拡大していることで、必要な中古車が足りていないのです。そのため、故障車への関心も高まり、需要が大きく増しています。

どの業者でも高く買取るわけではない!

ただし、これは海外への販売ルートや、解体から保管までをこなせる業者に限られています。今でも故障車は、一般的なディーラーや一部の中古車業者では買取不可であることがほとんどです。そのため、必ず「故障車でも買取ってくれる業者であることを確認」してから査定に出しましょう。仮にパーツも取れず完全に廃車にするしかなくても、引き取りや書類手続きの代行まで無料で行ってくれるところも多くあります。損をせずに、むしろ得するためには業者選びが重要なのです。

どんな業者に依頼すればいいの?

これまでにも紹介してきた通り、故障車の主な使い道は、パーツを取るか修理して海外へと販売されるかどちらかです。もちろんパーツだけを取るよりも、海外へと販売されたほうが高い利益を出すことができます。そのため、「海外への販売ルートを持っている業者」なら適正で高額な金額で買取ってもらうことが可能です。こうした業者は故障車の修理用パーツやノウハウも多く持っているため、かなり状態が悪い車であっても買取ってもらえることも期待できます。高い費用を払って廃車にするのではなく、こうした業者を選んで、お金に変えるお得な処分方法を選びましょう!

故障車をお金に変える方法を知っておこう!

故障車は正しく処分すれば、思った以上にお得に処分することができます。自宅から近いなどの理由ではなく、適切な価格を査定してくれる業者を選びましょう。全国で無料出張査定を行っているところもあり、次の車の購入やリースの相談も受け付けているところもあります。こうした業者なら安心して車を買取ってもらうことができるはずです。もう使い物にならない故障車もあきらめる前に、故障車の買取に強い業者に査定依頼を出しましょう!

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーワード
  • 横転した車
    損傷がひどくても買取してくれる?事故車をお金に変える方法
  • 事故車とパトカーの模型
    事故車を売るならトラブルにも気をつけましょう
  • 故障車でも買取してもらえます!その理由とは何?
  • 不動車でも高く買取ってくれる業者があった!どんな状態なら買取OK?
  • 車の販売をするディーラーも扱わない事故車は業者が買取ってくれる?
  • 徹底リサーチ!事故車の乗り換えで得なのは下取り?それとも売却?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。