事故車専門の買取業者というのは、実は事故車以外も買取ってくれます。たとえば、一般的なディーラーや中古買取業者などでは買値がつかない場合の車でも買取ってくれるので、まずは諦めずに査定の相談をしてみましょう!

事故車を高く買取ってもらうためには?

事故車や不動車など、問題がある車というのはディーラーや中古販売業者では買取ってもらえないことも少なくはありません。また、買取ってくれても減額され、非常に安い買取料金となってしまうこともあります。 どうにか少しでも高く売りたいということであれば、まずは事故車専門の買取業者で査定をお願いしてみませんか? 事故車専門の買取業者は火災車や水没車なども扱っていて、またディーラーや中古販売業者よりも高い買取金額が期待できます。実際にどういった車を買取ってくれるのかということから、一緒にみていきましょう!

事故車買取業者はこんな車も買取可能

事故車買取業者だと事故車専門で取り扱っているイメージもありますが、水没車なども扱っています。 事故車専門の買取業者で扱っているものは、主に下記のような車になります。事故車専門の買取業者で扱っているものは、主に下記のような車になります。 ・事故車 玉突き事故や横転など、ボロボロになってしまった車でも買取って貰えることが多いです。事故といっても様々ですが、小さな事故から廃車寸前の大きな事故にあった事故車まで、幅広く買取ってくれます。 ・火災車 電気系統のトラブルでの火災、室内炎上などでも買取対象となることがあります。火災の程度によって買取金額も変わってきますので、火災車の場合は出張査定を依頼するとより買取価格が分かりやすくなります。 ・水没車 冠水・水没によって動かなくなった車も買取ってくれる業者は多いです。ただ、カビなどが発生する可能性もあるため軽くでもメンテナンスをしてから売却すると、より高く査定してもらえるようになります。 ・盗難発見車 車上荒らしなどの盗難にあって、各パーツを欠品、損傷してしまった場合でも買取対象です。 まずは相談してみることが大事です。 このように、事故車買取専門業者は様々な面で問題が生じてしまった車を買い取ってくれます。 具体的な買取例もみてみましょう。 ■買取例1:玉突き事故によって各部の損傷が酷く、エアバックも開いたままになっている車。 ■買取例2:電気系統のトラブルで火災が起き、半焼してしまった車。 ■買取例3: 冠水した道路を抜けようとして、車が動かなくなってしまった車。 ■買取例4:車上荒らしによってカーナビなどのパーツを奪われ、キーシリンダーも破損してしまった車 こうした場合でも事故車専門の買取業者は買取してくれる場合が多いです。 ただ、全ての買取業者がこうした車両の買取を行っているとは限りませんので、まずは問い合わせてみるということが大事です。 諦めて廃車にしてしまう前に、まずは相談してみることから始めましょう!

買取価格が想像つかない!そんな時は無料査定

事故車などは、状況が酷いために買取価格の予想がまったくつかないという事もあります。そうした人におすすめなのが、ネットを利用した簡易診断です。 診断方法には2種類あって、売却シミュレーターとオンライン見積もりがあります。 まずは売却シミュレーターがどういったものかというところから紹介していきます。

売却シミュレーターって?

車種やメーカー、年式などの一致する項目を選択していって、自分の車がどのくらいで売却できるのかをシミュレーションするためのツールです。 簡易診断とはなりますが、大まかにどのくらいの値段で売却することができるかという把握ができます。 シミュレーションに必要な情報は、一般的に下記の項目となります。 ・車の種類や状態(中古車、事故車、水没車など) ・車のメーカー ・車の年式 ・走行距離数 ・車の損傷状態(どの程度の損傷なのか選ぶ項目がある)

オンライン見積もりとは?

オンライン見積もりの場合、メールで見積もり依頼を出して、売却シミュレーターの項目と同様の内容を記載していきます。あわせて写真添付をして、あとは見積もり後の返答がメールや電話で帰ってくるといった流れになります。 こうした売却シミュレーターやオンライン見積もりは、簡易的な診断となりますので、実際の価格は担当員の人が直接車を見て査定しないことにはわかりません。あくまでも目安としてとらえるようにするといいでしょう。査定額で納得が行くようなら、今度は直接査定をしてもらうために依頼をしましょう。 次の項目では、事故車買取の一般的な流れを紹介していきます。

事故車の買取の流れ

では、今度は実際に、事故車の買取までの流れの一例を見ていきましょう。

買取までの流れ

1.査定の申し込みの連絡を入れる まずはメールフォームや、電話などで、査定を依頼したいことを伝える必要があります。 インターネット等で査定を依頼する企業を決めたら、連絡をいれましょう。 2.担当者と打ち合わせ 連絡を入れると、査定の日時の調節となります。電話を取った人と別の人が来る場合などもあるので、どういった人がくるのかや、査定担当の方の名前なども確認しておくといいでしょう。そうすることで、いざ査定担当の方が来た時もスムーズに応対することができます。 3.実際に査定を行ってもらう 事前に調整した日時に、査定士があなたのところに訪れます。そこで直接車を確認し、車の査定を行ってくれます。その際、修理を行った事がある場合などは修理内容についても説明しておきましょう。ここでウソをついても査定士は修理痕を確認して査定しますので、結局見破られてしまいます。ばれるウソをつくよりは、査定をやりやすくするために把握している情報は伝えるようにしましょう。 査定後には買取金額が伝えられますが、必ずしもその場で売却するかどうかを判断する必要はありません。返答は後日行うこともできますので、しっかり検討して決めることができます。 4.契約 金額面で納得したら、そこで契約が完了となります。 5.車の引き取り 当日または後日で、車を引き取るために業者がきて車を引き取っていきます。この時にも在宅の必要がある場合がほとんどですので、日程調整を欠かさないようにしましょう。 6.査定代金の支払い 車の引き取りが完了すると、買取代金の支払いとなります。即日で現金買取の場合は、その場で買取額が現金にて支払われます。 7.登録手続きの変更 登録変更の書類などの手続きを行います。業者が確認のもと行うことが多いですが、場合によっては自分で行なうこともあります。事前に手続きは自分で行う必要があるのか確認しておきましょう。 買取の大まかな流れは、上記の通りとなります。業者によって順番が前後したり、手順が変わることもありますので、一例としてこういう手順があるということを覚えておきましょう!

事故車を売るのは意外と簡単!

このように、ディーラーや中古販売業者で売却・廃車にしてもらうよりも、事故車専門の買取業者に買取を依頼するほうが高く買取ってくれます。廃車にする費用もかかりません。 買取業者を選ぶ際は、海外にも展開しているところを選ぶようにすることが、一層高く売却するためのコツです。条件のよさそうな買取業者をみつけて、なるべく高値で買取ってもらいましょう!

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーワード
  • 横転した車
    損傷がひどくても買取してくれる?事故車をお金に変える方法
  • 事故車とパトカーの模型
    事故車を売るならトラブルにも気をつけましょう
  • 故障車でも買取してもらえます!その理由とは何?
  • 不動車でも高く買取ってくれる業者があった!どんな状態なら買取OK?
  • 車の販売をするディーラーも扱わない事故車は業者が買取ってくれる?
  • 徹底リサーチ!事故車の乗り換えで得なのは下取り?それとも売却?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。