事故車を売るにはオークションがお得?一番高く売れる方法を紹介中! 導入文 事故を起こしてしまった車は、処分するのもなかなか大変。修理にはお金がかかるし、廃車はもったいない…‥。ここでは、そんな悩みをお持ちの方へ、事故車オークションの仕組みと、事故車を高く買取ってもらう方法を紹介します。

事故車のオークションってニーズはあるの?

知らない人も多いことですが、実は事故車だけを専門に扱うオークションがあります。事故車には、ほかの中古車にはないメリットとニーズがあるのです。ここでは、事故車オークションの仕組みと、一般の方が事故車を高く売るための方法を紹介します。まずは事故車オークションに、どのような特徴やメリットがあるのかを詳しくみていきましょう。

 

【事故車の取引をするオークションとは?】

主に「中古車業者向け」のオークションです。自動車を扱う業者にとって、事故車のオークションは掘り出し物が見つかる大切な場所です。事故車のオークションには以下のメリットがあります。 ・メリット1 分解して問題のないパーツが欲しい 多くの中古車を扱う業者にとって、修理や販売用パーツの収集も大切な業務です。事故車は破損が大きく修理に手間がかかったり、縁起の悪さから敬遠されたりもしますが、分解するならその問題もありません。そのため状態の悪い車であっても、需要があるのです。 ・メリット2 上質な車・パーツを安く手に入れることができる 特に年式が古く新車が手に入らないビンテージ車は、事故車であっても高い需要があります。乗用車としてはもちろん、現在まだ走っている車の交換用パーツとしても貴重です。そのため、こうした貴重な車も手に入れられる事故車オークションでは、思わぬ掘り出し物を見つけられることもあります。 ・メリット3 海外輸出するために分解する 海外で販売される中古車は、輸送コストを抑えるために、一度解体して輸出した後に、組み立てなおすことがあります。こうした例なら、そのまま乗れる状態の車よりも、評価が低いため安くなる事故車の方が便利なのです、 ・メリット4 まだ乗れる車でも安く手に入る パーツを取ったり、分解したりする以外にも、事故車はまだ乗れるものも多くあります。実は「事故車」と呼ばれているのは、ほとんどがフレームの修復を行った車のことを指しています。大きく破損したことがあるわけですが、その分だけ無事故車扱いの中古車より、修理・整備が徹底されていることも多いのです。 このように事故車の買取は、「主にパーツ取りに使用」できるかどうかが重要になっています。状態が良くまだ乗れる車を出品・入札することもできますが、中古車オークションの出品・入札には条件が必要です。次は、事故車オークションの出品資格について紹介します。

オークションは一般の人が出品や入札ができない!?

事故車のオークションは中古車業者向けに開催されているので、一般の人は直接参加することができません。しかし、代行業者に依頼すれば出品・入札することができます。事故車オークションに出品する際の注意点を確認しましょう。

 

【オークションの代行業者とは?】

中古車オークションに参加するためには、会員資格が必要です。会員ではない人が、中古車・事故車を出品したい場合は、会員資格を持った業者に手数料を支払い、代わりに出品してもらいます。また出品ではなく、購入が目的の場合も同じです。

 

【出品するときは、ここに注意!】

オークションなので、必ず売れるとは限りません。確実に売るためには、販売会場や車種の人気などの動向を知っておく必要があるでしょう。売れなかったとしても手数料は取られてしまうため、注意が必要です。また中古車・事故車のオークションはプロの業者が参加するため、事故歴や修理歴はすぐにわかってしまいます。そのため、もし代行業者を利用してオークションに出品するのであれば、正直に申告することが大切です。 このように、オークションの出品には手続きや費用がかかり、ある程度の知識が必要です。そのため、一般の人が事故車を売る場合には、直接出品するよりも「事故車買取業者」を利用するほうが良いでしょう。事故車専門業者は、一般の人から事故車を買い取り、オークションに出品します。そのため、面倒な手続きや費用がかからず、査定から引き取りまで引き受けてくれるのです。

事故車の値段はどのように決まるのか

事故車の値段は、大きくAランクからEランクまで分けられて評価されます。年式が新しいか、人気の車種かといったことの他に、現在の状態が大きな評価の基準です。

 

【どんな部分を査定されるのか】

中古車の査定では、主に内装の状態・外装の状態・そして走行距離などが評価されます。オークションに出品される際には、直接確認することはもちろんですが、車両状態評価書というものが評価の基準です。この評価書に検査員が事前に査定した結果が掛かれており、修理の有無、メーターの状態や改造歴などのさまざまなデータが記載されています。 ・事故の現状から修理した場合、中古車がいくらくらいの相場になるのか見積もりを行い算出する。 ・修理費用の方が高い場合は修理せずにパーツとして引き取る ・事故車の場合、評価ランクが低くても最初からパーツなどにすることが多いため、落札されることも多いことが特徴です。

 

【オークションの出品はお得なのか】

事故車を専門にしたオークションは、その道のプロが実際に目利きをして入札することになります。そのため、事前にいくらで売れるのか判断することができません。また、事故車はパーツ取り前提の評価となりがちなため、価格の見積もりも安くなりがちです。さらに、改造パーツやオプション品が高評価になることもあれば、逆に純正品ではないために低評価になることもあります。このように、オークションへの出品は専門的な知識や業界の動向を知らなければハードルが高いため、おすすめできません。しかし、心配しなくても大丈夫です。オークションよりも「確実で高く事故車を売れる方法」があります!

 

【事故車をもっと高く売れる方法とは?】

事故車を確実に高く売ることができる方法、それは「事故車の専門家」に買取ってもらうことです!実は事故車専門の中古車オークションがあるように、事故車を専門的に買取している業者があります。こうした業者は、事故車の販売や解体に関して、一般的な中古車業者にはないネットワークを持っているため、高く買取れるのです。改造車なども積極的に引き取ってもらえ、ローンの返済が終了していない場合も、買取ってもらうことができます。そのため、他の中古車業者や修理工場では引き取りを拒否された事故車でも、高く買取ってもらえるのです。一見パーツ取りもできなさそうな水没車や火災車でも、買取ってもらえることもあります。事故車を売るときは、まず事故車の買取専門の業者に査定に出してみてください。

事故車を売るなら専門業者が一番

オークションはプロの業者向けであるため、ある程度の知識がないと出品は難しいでしょう。出品するためには、業者探しと手数料が必要です。さらに開催された地域や、ほかに出品された車の数や状態によっては売れ残ってしまうこともあります。しかし買取専門業者なら、面倒な手続きを省き、適正な高価格で買取ってもらうことができます。そのため、事故車を売るには、オークションよりも「事故車の買取専門業者」に依頼しましょう。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

事故車の査定について】の関連記事
  • 電卓と事故を表した模型
    事故車の査定はどのように行うのか?
  • 単純な引き取りではない!事故車買取価格が査定落ちする理由
  • 事故車の需要について知りましょう!
  • 事故車を売却するなら修理はしない方が得!?
  • 事故車の買取依頼をするなら何処?はなまると中古買取業者を比較!
  • 費用をかけずに事故車を処分する方法│事故車専門の買取業者に依頼
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。