売却前の修理はNG! 導入文 事故車を売却しようと考えた場合、ボディーの傷や凹みを修理しないと買取ってもらえないのではないかと思い込み、査定前に修理をする人は多くいます。実は、この行動こそ「損をしてしまう行動」なのです。なぜ修理をすると損をしてしまうのか説明していきましょう。

事故車を売却する前に修理をしたら損する理由とは?

事故車の売却をする際に、考えることといえば「事前に修理をした方がいいのかどうか」です。 どの中古品もそうですが、既に使用済みのものを販売する時は傷が無いか、汚れていないかなどのチェックをします。 その為、車の売却を行うときも同じように事故でできてしまった損傷部分を直した方がいいのではないかと考えてしまうのです。 事故車の場合、損傷の度合いによっては修理費用が数百万することも少なくありません。 せっかく高い費用を掛けたのに、安い費用で買取されてしまったらとても辛いです。 それを考えると修理せずにそのまま査定依頼した方がいいのではないかと考えますが、なぜ修理をすると損をしてしまうのでしょうか。 ここでは、損をしてしまう2つの行動を紹介していきましょう。

ほぼ原価で事故車の修理ができる買取業者

本来、私達が修理依頼をするとなれば、部品代や人件費以外にも修理業者の利益が含まれています。 全ての買取業者にあてはまるわけではありませんが、大抵は修理工場を持っています。 その為、修理工場を持っている買取業者は余分な費用を必要としないので、通常の修理費用よりもほぼ原価で修理することができるのです。 これを考えると、本来かからないはずの修理費用と買取費用を合わせてもマイナスにしかなりませんので、修理をして査定依頼を行えば当然売却する側が損をすることになってしまいます。 売却をすると決めたら、修理はせずにそのまま買取業者に査定依頼をしましょう。

必要以上の修理をしてしまう

私達が事故車の修理を依頼するとなると、自分の車なのでどうしても品質に過剰になってしまいます。 また、どれくらい修理を行えばいいのかという知識も持っていない人がほとんどなので、ほぼ新品に近い品質になるように修理依頼をすることも考えられます。 ですが、買取査定には確実に品質が評価になるわけではありません。 100%中たったの数%しか評価されないこともあるのです。 買取業者は、損傷の度合い関係なく原価で修理ができるので、これを考えると、せっかく修理を行った意味がなくなる以外にも買取業者が逆に儲かってしまうと考えられます。 ここで押さえるべきポイントは『事前に修理をすると損をしてしまう』ということ、これを知っているか知らないかでこんなに大きな差が生じるのです。 損をしない取引をするためにも、「修理はしない方が得」であることをしっかり理解しておきましょう。

1cm以下の傷は傷とみなされない!

事故車以外の車にも当てはまることですが、少しでもボディーについてしまった傷でも修理の対象になると思っている人は少なくありません。 そのため、修理をしたり、タッチペンを使って傷が目立たなくなるようにしたりと、様々な工夫を行ってしまいます。 実はこの行動も「損をしてしまう行動」なのです。

車査定の世界では1cm以下の傷は「傷」と見なされない

衝撃かもしれませんが、車査定には1cm以下の「傷」は傷と見なされないルールがあるそうです。 そのため、変に細工をしてしまうと逆に「ボディーが汚い」と見なされて減額の対象になってしまいます。 結果として査定額は下がってしまうし、修理代はもちろん、タッチペンを購入した費用なども台無しになるだけなので、そのまま査定に出すようにしましょう。

修理をしていない事故車を売却できるのは何故?

損傷の度合い関係なく、1度でも事故を起こしてしまった車は中々引き取ってもらいにくいイメージがあります。 ディーラーに下取りを依頼する手段もあるのですが、下取りを依頼したとしても査定価格が0円になってしまうケースがほとんどです。 中には査定をしてもこの価格になるならと、事故車をそのまま廃車してしまう人もいるかもしれませんが、廃棄を依頼するにも廃車手数料が掛かってしまうので損をするだけです。 少しでも損をしない方法として、「買取業者に依頼をする」という選択があります。

事故車でも使えるパーツが残っていれば買取ってもらえる

買取業者で事故車を売却できる理由は、「使えそうなパーツを買取ってもらえる」というメリットがあるのです。 もちもんですが、専門の買取業者だからといって一定の金額で売却できるというわけではありません。 しっかり査定を行ない、損傷の度合いが低ければそれなりに買取をしてくれますし、まだ使えそうな部分だけを買取ってくれることができます。 こういった取引はディーラーには無いことなので、一度利用してみる価値はありそうです。 これらを考えると、例え事故車であっても売却できる見込みは十分にあるということがわかります。

何処に下取り依頼をするかによっても事故車の買取価格は変わる

事故車を下取りしてもらう際は、事故を起こしていない一般車とは違い、損傷や修理を行っているため、どうしても買取価格は低下するのが基本となります。 軽い損傷であればそれなりの価格で売却できますが、損傷が酷い状態・廃車しないといけない状態であれば、使える部分が残っていないので下取り価格が0円となることも珍しくはありません。 しかし、ここで押さえて欲しいポイントは「どんな業者に下取りを依頼するのか」ということです。 同じ事故車を下取りしてもらったとしても業者によって異なる場合があります。 例えば、ディーラーは基本的に事故車の買取をかなりの低価格で行っていますので、中には査定価格が0円となる可能性もあるのです。 事故車を買取ってもらえる専門の業者によってパーツの買取価格が違っている場合もあります。 よって、1社だけに下取り依頼をするのではなく複数社に依頼をした方が買取価格の比較もしやすいので、慎重に下取り依頼を行った方が良いです。

損しない事故車の売却をしよう!

事故車だからといって、そのまま廃車してしまうのはもったいないです。 状態によっては売却できる可能性もありますので、自分自身で売却できるのかを判断する前に、まずは下取り依頼を行ってみましょう。 下取り依頼を行う前に、修理や傷を目立たなくする細工は行わないようにするのがポイントになります。 下手に手を加えて査定価格が下がってしまっては、自分自身が損をするだけなので注意をしなければなりません。 また、事故車を買取ってもらえるからといって1社だけに下取り依頼をするのではなく、複数社に依頼をするようにしましょう。 満足できる事故車の売却をするためにも、こういった手間も必要です。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

事故車の査定について】の関連記事
  • 電卓と事故を表した模型
    事故車の査定はどのように行うのか?
  • 単純な引き取りではない!事故車買取価格が査定落ちする理由
  • 事故車の需要について知りましょう!
  • 事故車を売却するなら修理はしない方が得!?
  • 事故車の買取依頼をするなら何処?はなまると中古買取業者を比較!
  • 費用をかけずに事故車を処分する方法│事故車専門の買取業者に依頼
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。